2013年01月09日

思春期・青年期の自閉症を考える@研修会&相談会

 自閉症の早期発見・早期支援について各地域で体制づくりが進んでいる一方、当事者や家族か抱く思いや漠然とした不安はいつの時代も変わらないのではないでしょうか?

 NPO法人山口県自閉症協会では、研修会と相談会を下記の通り開催します。

 午前は、思春期青年期の支援や生活について、幅広い年代の相談支援をされている磯地先生を講師にお招きしてライフステージの広がりを見据えた家族のあり方をご講演いただきます。

 午後は、座談会形式でピアカウンセリング。思春期青年期の自閉っ子を持つ母親たち、この際だからいろいろ相談してみませんか?普段聞けない相談事もここなら聞けるかもしれません。

モヤモヤとした自閉症の子育て。
この日くらいはアタマをスッキリさせていきましょう!!
 

【日時】平成25年1月27日()10:30〜14:30

【内容】講演会(10:30〜11:45)
社会福祉法人鼓ケ浦整枝学園 総合相談支援センターばれっと
相談支援専門員 磯地美香先生
「自閉症の思春期・青年期を考える−相談事例をふまえて−」
ピアカウンセリング(13:00〜14:30)
ペアレントメンターがご相談をお受けします。
※メンターとは「信頼のおける相談相手」という意味てす。
※ペアレントメンターとは、同じ自閉症の子どもを持つ親が自身の経験をふまえて当事者同士の支え合いを推進しています。
メンターは守秘義務を持っています。安心してご相談ください。

【参加者】
講演会・・・自閉症のお子さんを持つ保護者・自閉症児者支援に携わる支援者
ピアカウンセリング・・・自閉症のお子さんをもつ保護者

【場所】山口県健康づくりセンター第3研修室
    (山口市吉敷下東三丁目1番1号)

【参加費】講演・・・1,000円  ヒアカウンセリング・・・無料

【託児】午前のみ、または午後のみ 1,000円  全日1,500円
  (概ね10人程度を受け付けます。)
※当日受付でお支払いください。

主催:NPO法人山口県自閉症協会
後援:山口県 山口県教育委員会 山口県発達障害者支援センター(申請中含む)

詳しくは チラシ をご覧ください。→ 1月27日研修事業案内.doc
posted by 自閉協 at 14:59| Comment(0) | 研修部会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。